仲介と買取の違い(メリット・デメリット
)

仲介は不動産業者に売却を依頼し、一般市場で幅広く買主を探します。その分相場どおりの価格で売れる可能性が高まります。買取と違い、購入希望者を見つけることから始めるため、売れるまでの期間が長くなる可能性があります。少しでも高く売りたいとお考えの方は仲介を選択されるのが良いでしょう。 一方買取は不動産業者が買主となりますから、価格査定から契約までの流れがスピーディで、話がまとまれば確実に売れる安心感も得られます。但し買取価格は仲介に比べ低くなります。

Copyrights(c) All rights reserved Nishi-Nihon Estate Purchase Center.